☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆

ピアノ教室に、もっと生徒さんを集めたい!
ピアノ教室を、もっと活気のある教室にしたい!
ピアノを習う生徒さんに、長く通ってもらえる教室にしたい!

ピアノ講師による、ピアノ講師の
ピアノ教室集客のためのメール講座です。


☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆

ピアノ教室の募集をしなくても、お問い合わせは続いています。

ピアノ教室の募集をしなくても、お問い合わせは続いています。

現在の西島ピアノ教室の生徒さんは、50名です。

今年の11月26日のピアノ発表会で
高校受験に集中するため、いったん辞める生徒さんが
素晴らしい演奏をしてくれました。

そのため、彼女のレッスン時間の1時間が空くのですが、
既にその前に、体験レッスンは続いていました。
募集は していないのに・・・

良いタイミングで、
発表会前に体験レッスンをされた4歳の男の子の生徒さん!

私のレッスン内容と考え方など
お母様は、感動してくださって、
お子様は、緊張して、
最初、自信がなくて泣いてしまったのに、
終わった途端、絶対ここのピアノ教室に通いたい!
やりたい!やりたい!と別人になったのです。

自宅から距離があるのと、
自転車なので、雨の日はどうするか?
お母様が、お仕事の復帰の後、どうするか?
すごく悩まれて、いろいろ相談を受けていました。

今回の発表会も聴きにいらして
『感動しました』と、
長い有り難いメールをくださって

今週の月曜日に、
今月第1回目のレッスンが始まりました。


ほとんど毎月、体験レッスンはありますが
タイミングと、考え方など、合う方の入会になります。

このグットタイミングの時期に、
今週は、後2人の体験レッスンがあります。

5歳の女の子
6歳の女の子です。

今回の3人とも、西島ピアノ教室からは、
少し離れているご自宅の方々なのです。

お二人は、自転車で時間をかけて来られます。(車はない)

お一人は、車で来られます。

まずは、西島ピアノ教室のホームページを見て、
アメブロを読んでくださって
習いに行きたい!と
思ってくださった方が来られるので
入会後は、私の方針に理解のある、
とても熱心なご家族がほとんどです。

今は、50人の生徒さんが通ってくださっていても
ストレスなく、楽しくレッスンができるのは、
キチンとした規約、レッスン方法
そして、コミュニケーションが取れているからです。

それぞれの先生によって、マックスの人数はありますよね。

その生徒さんたちが、上手になって
保護者の方々とも、コミュニケーションがうまくとれていれば
とても楽にレッスンができます。

後○人、増やしたい先生
後○円、増やしたい先生

それぞれのニーズに合わせて
集客ができます。

生徒さんの人数を、増やしたい
収入を、増やしたい
お教室を、知ってもらいたい
など・・・・
集客セミナーで、まずは話を聞きたい先生へ


ピアノ教室・音楽教室など教室系の先生のための集客セミナー

2017年1月14日(土) 東京青山コンパルビル6階

お申し込みはこちらから→クリックしてください

ブログやホームページも、ネットのことは何もしていない、
何も分からない先生でも、1からお話します。

私も、アナログ人間で ネットで生徒さん集めなんて、
数年前は、考えてもみなかったのです。

ゼロからの出発でした!

まずは、このセミナーにご参加くださると
一歩が踏み出せ、進化していくことが得られます。


お会い出来るのを、楽しみにしています

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆
横浜市のピアノ教室『西島ピアノ教室』から、
素敵な日常をあなたに


横浜市緑区中山にあるピアノ教室で、
あなたも、音楽の素晴らしさを見つけてみませんか?

西島ピアノ教室のホームページは、こちらから!

西島ピアノ教室のブログは、こちらから!

横浜のピアノ教室!ピアノ講師の私が教える集客法
集客に悩んでいる、あなたのための集客の講座です。
ピアノ講師が教えるウェブ集客法のメール講座です。
☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆

ピアノ教室の集客と運営法を現役のピアノ講師が語ります。

ピアノ教室の集客と運営法を現役のピアノ講師が語ります。

横浜でピアノ教室を営む、現役のピアノ講師が、
ピアノ教室の集客法
ピアノ教室の運営法を、
ブログを通じて、語ります。

自己紹介は、あらためてに、なりますが、
まずは、メール講座のご案内をしておきますね。

横浜のピアノ教室!ピアノ講師の私が教える集客法
集客に悩んでいる、あなたのための集客の講座です。
横浜のピアノ教室!ピアノ講師が教えるウェブ集客法

それでは、これから、
ピアノ教室の集客と運営法を、
現役のピアノ講師が語ります。

よろしくお願いします。